社団法人 石川県柔道整復師会  
 
(社)石川県柔道整復師会 HOME
 

会長挨拶
(社)石川県柔道整復師会会員専用ページ
役員紹介 (社)石川県柔道整復師会アクセス
柔道整復師とは
(社)石川県柔道整復師会 あなたの町の接骨院 はこちらから
(社)石川県柔道整復師会会旗争奪少年柔道大会
(社)石川県柔道整復師会会旗争奪少年柔道大会の申込用紙 はこちらから
(社)石川県柔道整復師会 サポート接骨石川 赤十字奉仕団
応急処置 RICEとは
健康柔(やわら)体操
街の元気 みんなの元気を応援します
有資格者・養成学校生 募集情報
記念誌
協同組合の ホームページ
公益社団法人 日本柔道整復師会
日本スポーツ振興センター
QRコードはこちら
 http://jyuusei-ishikawa.jp/

健康柔(やわら)体操健康柔(やわら)体操Ⅱはこちら 

  全体操連続    オープニング    振り子運動   心の鏡みがき    右体さばき     左体さばき  
 浮落  釣込腰  両手突  心の鏡みがき  五方当  鳥の形

全体操連続
 



 健康柔(やわら)体操

 柔道は、日本の伝統文化である武道として、また、オリンピック競技の正式競技種目として、世界の人々に愛され、親しまれてきました。
 創始者・嘉納治五郎先生は、柔道着もつけずに、場所も選ばず老若男女、だれにでもできる柔道の形として、1887(明治20)年に「柔の形」を、1927(昭和2)年には「精力善用国民体育の形」を考案されました。これらの形は、素手で行う柔道の攻撃・防卸の技を、体育として考え、すべての動作は健康にして堪能、優美な身体作りを目標に行われるものなのです。
 これらの形に投げの形を加え、さらに呼吸法とストレッチを取り入れ健康体操にアレンジしたものが「健康柔やわら体操」です。
 この健康柔(やわら)体操は、高齢社会に対応して、従来院内でしか国民の健康増進に寄与できなかった柔道整復師が、予防医学の面でも積極的に社会に貢献したいと念願して考案したものです。
 柔道の基本動作を応用し、老若男女、誰にでも簡単に利用でき、定期的に続ける事により健康で生き生きとした人生をさわやかに送っていただくことのできる体操です。この体操の目的とするところは、関節や筋肉を柔軟にして、呼吸器系や循環器系の強化を図るというものです。また、痛みやコリの解消、老化防止だけでなく、体の弾力性や持続力が増して若々しい体が保てるでしょう。
 健康は作るとともに保つもの、場所をとらず、いつでも誰にでも簡単にできる体操をぜひお試しください。

※この健康柔(やわら)体操は、財団法人柔道整復研修試験財団において創作され、現在全国的に普及活動が行われております。


 
 
Copyright(C)2013 ISHIKAWA JUDO SEIFUKU THERAPY All Rights Reserved.